わたなべクリニック

メニュー
HOME >  > 内科

細心の注意を払い地域の皆様の健康のお手伝いを致します。

細心の注意を払い地域の皆様の健康のお手伝いを致します。

当院渡辺クリニックでは、内科領域全般を診ることを基本としています。
地域の皆様がいつまでも健康でいられるよう細心の注意を払い診療いたします。
どの科の疾患かわからずにお困りの患者様や、複数の疾患を患っていらっしゃる患者様の総合的な診断・適応診療科への紹介などを行っています。

現代では肥満がきっかけで起こる生活習慣病(メタボリックシンドローム)を防ぐ為に、特定健診が義務化されました。
生活習慣病は自覚症状がなく、年数を経てから病状が現れるのが特徴です。
健診や人間ドックの結果を受け流すのではなく、医師のアドバイスを受けて、正しい治療と生活習慣病を心がけてください。

まずは気軽にご相談ください。

当院は肝炎一次専門医療機関です。

当院は肝炎一次専門医療機関として指定を受けています。
肝炎一次専門医療機関とは、専門的な肝炎の診断と治療を実施する医療機関です。
B型肝炎、C型肝炎、その他、肝臓が気になる方は、当院へ一度ご相談ください。

肝炎の現状

肝炎の現状

日本最大級の感染症、C型肝炎ウイルス感染者は、現在国内に150万人以上存在すると言われています。

肝炎ウイルスは治療しないでいると、肝硬変や肝臓がんに移行する可能性がありますので早期治療を心がけて下さい。

ただ肝炎ウイルスは早期では、ほとんど特徴的な症状がなく、発見が遅れやすく慢性化しやすいので肝炎に詳しい医師にかかることが早期発見早期治療につながります。

インターフェロン治療の医療費助成制度について

厚生労働省と都道府県は、平成20年度からB型及びC型肝炎のインターフェロン治療に対する医療費助成を行っております。

助成費制度が平成22年4月より変更になりましたのでご確認下さい。
主な変更点は以下の通りです。

自己負担限度額の引き下げ

平成21年度まで…所得応じ、1万円、3万円、5万円の自己負担限度額
【変更後】
平成22年度から…原則1万円(上位所得階層2万円)
※上位所得階層とは、区市町村民税課税年額が23万5千円以上の世帯

制度利用回数の制限緩和

平成21年度まで・・・インターフェロン治療に係る助成制度の利用は一人につき1回のみ
【変更後】
平成22年度から・・・C型ウイルス肝炎で医学的にインターフェロン再治療が有効と認められる一定条件を満たす者について、2回目の助成制度利用を認める。

渡辺クリニック

住所:〒714-0088 岡山県笠岡市中央町2-8
TEL:0865-62-2319
FAX:0865-62-2346

COPYRIGHT © Watanabe clinic ALL RIGHTS RESERVED.