わたなべクリニック

メニュー
HOME >  > 院長挨拶

当院について

院長近影

渡辺クリニックホームページをご覧いただき誠に有難う御座います。
当院は1958年から父が眼科医院として開業致しました。

私は広島大学医学部付属病院にて第一内科講師として肝臓病を担当していましたが、医院新築に伴い、郷里に戻り、1996年、現在地に内科、小児科を開設しました。

現在、内科医1名、小児科医1名の医師2人体制で診療を行っています。

病院と診療所の緊密な連携を基にした医療ネットワークの中で、かかりつけ医としての機能を担い、診療を行っています。

当院が目指すカタチ

医療細分化、高度化が進み、先進的医療を受ける環境は整備されつつあります。

今後とも、医療の細分化、専門家といった狭い領域への特化傾向は益々強まると思われますが、そのような医療環境の基では患者様を一人の人間として全人的に診療し、医療情報を適切に提供出来る能力を備えた医療コンサルタントと言えるようなかかりつけ医が益々必要とされると思われます。

 

当院では地域の方々が最良の医療にアクセス出来るよう、より洗練された医療ネットワークの構築に努めたいと思います。

その事が、皆様に信頼され、ご家族皆様のかかりつけ医としての役割を果たす最善の方法だと思っています。

院長 消化器内科医師 渡辺恭行 紹介

略歴

昭和54年      広島大学医学部 卒業

昭和54年~56年   広島大学医学部付属病院 内科

昭和56年~58年   尾道総合病院 内科

昭和58年~60年   広島大学医学部付属病院 第一内科

昭和60年~63年   広島大学医学部大学院

昭和63年      広島大学医学部大学院(内科学)卒業

昭和63年~平成1年   広島大学医学部付属病院第一内科助手

平成1年~3年    広島大学医学部付属病院第1内科病棟医長

平成3年~5年    カリフォルニア大学デービス校(UCD) アレルギー/臨床免疫部門 医師

平成5年~6年    広島大学 医学部付属病院 第1内科 助手

平成6年~8年    広島大学 医学部付属病院 第1内科 助手

平成6年~8年    広島大学医学部 第一内科 講師

平成8年~現在     渡辺クリニック 院長 

(平成8年~21年:   広島大学医学部 非常勤講師を併任)

【資格】

医学博士<内科学第一>(広島大学)
日本内科学会認定医
日本消化器病学会認定専門医
日本消化器内視鏡学会認定専門医
日本肝臓学会認定専門医
日本消化器病学会 中国四国地方会評議員
日本アレルギー学会会員

渡辺クリニック

住所:〒714-0088 岡山県笠岡市中央町2-8
TEL:0865-62-2319
FAX:0865-62-2346

COPYRIGHT © Watanabe clinic ALL RIGHTS RESERVED.